仮想通貨のレートの傾向と曜日との関係

仮想通貨の動きの傾向は、曜日によって異なります。週明けなどは、仮想通貨のレートは上昇しやすいと言われています。逆に日曜日などは、コインのレートは少々下がりやすいのです。ですから週明けなどは、基本的には買い注文する方が良いでしょう。

週明けは仮想通貨のレートが上がりやすい

仮想通貨のレートが変動するのも、きちんと理由があります。やはり買い手が多い時などは、レートも上昇する傾向はあるのです。とりわけ月曜日あたりは、買い手が多くなる傾向があります。
そもそも金融機関には、営業曜日があるでしょう。土曜日や日曜日に銀行の窓口に行っても、必ずと言って良いほど閉まっています。金融機関で何か手続きを行いたい時は、平日にする必要があります。
ところで土曜日や日曜日あたりには、仮想通貨を調達する為の注文件数は、やや増加している事も多いです。週明けに備えて、土日に注文している方も少なくありません。月曜日になれば銀行も営業し始めますから、仮想通貨の注文件数も若干増える傾向があります。
という事は月曜日になると、仮想通貨の買い注文の件数も増加する訳です。買いが増加すれば、もちろんコインのレートも上昇しやすくなります。
ただ日曜日の場合は、また話は異なります。日曜日は、仮想通貨のレートは若干下がりやすくなると言われています。曜日によって、コインのレートの傾向は異なるのです。

曜日の傾向に応じた取引をする

その点を考慮しますと、月曜日に仮想通貨の買い注文をしてみるのも悪くないでしょう。売りではなく、あえて買いの注文をするのです。他の曜日と比べると、月曜日はコインのレートが上昇する確率も高いですし、買い注文する方が稼ぎやすいと見込まれるからです。
また日曜日に取引するなら、売り注文にする方が良いでしょう。他の曜日よりは価格が下落しやすいので、売りから入る方がお金を稼ぎやすいと見込まれるからです。
ちなみに土曜日などは、仮想通貨のレートは上昇しやすいと言われています。上昇するなら、もちろん買いで注文する方が良いのです。
そして一番肝心な点は、「曜日によって仮想通貨のトレンドは異なる」という点です。少なくとも上記のような曜日の傾向は、ある程度押さえておく方が良いでしょう。傾向が分かっている方が、売買しやすくなるからです。
厳密には、やはりチャートなどで確認してみるのが一番です。チャートで各週の傾向を確認してみた上で、取引してみると良いでしょう。